6月22日

短い時間の中での練習は成果が挙げられているか心配ですが、用意や片付けを意識してくれているから練習時間も少し増えました。練習時もあまり無駄な会話もなくなり、アドバイスも多く聞いてくる選手もいるので向上心を感じられます。自分では出来ていると思っていても第三者から見ると出来ていないこともあるのでアドバイスをもらうことはとても大切だと思います。いまは、7月に行われるダブルス大会の試合に向けて取り組んでおります。部員も増員されとても良いチームになってきました。9月に実施予定の合宿も新たに何人か参加するので自分が強くなりたければ大きく飛躍して行くでしょう。これから伸びる選手が多いので本当に楽しみです。また、最近では練習に対しての話や強くなるために何をしたら良いかを伝えています。その後は何人かは自分の意志で練習を真剣に取り組んでいる様子が見え、チームとしても大きく変化を感じております。

一人一人の個性を生かして練習に励みたいと思っております。

 

6月13日

6時間の練習の中で午前中にきついインターバルトレーニングの練習をしました。ダブルスの早い動きを考えながら取り組むことは難しいけど、フォーメーションも大切なので先ずは形をきちんと作る所からスタートさせております。新しい部員も増えてこれからが本当に楽しみになってきます。

 

6月8日

チームの子供達の成長が早いからフットワークの基本的な所のアドバイスと動きのポイントを教えました。伝えたいポイントは山ほどあるけど、1つ達成したら次、もう一つ達成したら次というように徐々に教えて行かないと体がついて行けないから、成長に合わせて指導をしています。いまは、ダブルスの大会が近いので早い動きを意識しながら練習しています。

 

6月6日

少ない人数での練習でしたが、効果的な練習を幾つかすることが出来ました。みんな、お昼休みを使ってバドミントンの練習をするためにご飯の量を減らしたり早食いをしたりしています。どれだけバドミントンに対しての熱が高いのか。6月は部員が更に増えたのでもっと頑張って行かねば。

 

6月1日

6月最初の練習は新メンバーも男子2人増えての練習となりました。新年度になり体も慣れた所で習い事をしようとチームを探す人が多い時期でもあります。チームのコンセプト通りに活発な子供達が入部する傾向があります。興味があって来たり、親が何かを習わせたい理由などで体験に来られる方は入部に至らないことが多いです。運動が好きで、体を使うことが大好きな子供達がチームにいます。また、部員の子供達もみんな良い子供達ばかりで面倒を見てくれます。体験に来られる方は子供とよく話をして、納得した上で参加して欲しいです。ミスボン・シデクはこう言います。

 

親は子供を失う時期がある。子供がスポーツに夢中になる時、親は子供を失います。それは指導者から彼らの人格を形成するからです。でも、信頼してください。私たち子供達に人生を行く抜くための独立心を持たせたいのです。

 

私も同様に独立心を持たせるために保護者なしの練習や保護者なしの合宿を行い将来、立派な選手になるように全力でサポートして行きたいと考えております。

 

5月30日

今月最後の練習をしました。最初の6時間はBチームでの練習。久しぶりのノック練習でしたがパターン練習とは違って出来ない所と悪い所も見えてくるからノックは有効な練習と言えます。練習後にはスポーツセンターで2時間試合を楽しみました。みんな、上達しているから見ていても楽しくなってきます。

 

5月28日

新しいネットが来てやっと練習の幅が広がりました。これからもっと効率の良い練習をしていきたいと思います。

 

5月25日

2回目の体験のお子様が来ました。2人とも陸上も出来そうな足が速くて体もしっかりしているので入部したら楽しみです。練習では次のダブルス大会に向けて練習を積み上げて行っております。少しでも結果を残せるように取り組んで行きます。

 

5月23日

当クラブの中学生がダブルスの公式戦で初勝利!会場には行けなかったけど、きっと、2人で話し合って勝ち取ったと思います。フルセットまで行ったらしいけど、3セット目は相手の弱点を狙えたと言っていたので戦い方も成長している。約7か月程度のキャリアで勝ち取ってくれたのでとてもうれしいです。

 

5月22日

午前中にダブルスの練習をして、午後から新しいトレーニングの練習をしました。準備に1時間程度かかってしまったけど、とても効率の良い練習と頭と動きがシンクロしてこないと出来ない練習だと思ました。この練習は毎回は必要ないのでステップワークや動き出しを確認する時に実施する予定です。選手の足りない所がわかる練習なので良かったです。

 

5月16日

今日から日曜日の練習は人数を分けて行うことにしました。指導方法も変わり、自分の不得意な部分を修正して練習をすることにしたけど、この方が修正が早く出来るし、ほぼ個別指導に近い状態なので上達が望めます。練習方法はみんな同じだけど、中身を変えることによって全然違う形になるので、今後は今の練習指導で行こうと思っております。

 

5月15日

午前中練習を終え、大きな公園で18時集合して合宿で出来なかった花火をしました。一部の子供達は16時ぐらいから集まっていて先に公園で遊んでいた。午前中に結構きつい練習をしたにも関わらず、遊ぶ元気があるとは、子供達は凄いと思った。18時集合後に日落ちが遅いため暗くなるまでみんなでリレーをしていた。

1回では収まらず、親を巻き込んで2回もやることになった。大人の方も子供達を遊んで頂き感謝します。

また、当クラブ以外の兄弟、姉妹、親の方も多く参加して頂き本当に良いチームだと思いました。子供達の普段見えない姿をみたし、色々なお話が出来たので今後の練習にも役に立つこともありました。諸費事情で参加出来なかったお子様も残念ではありますが、また、どこかのタイミングで色々なことを企画したいと思っております。

 

5月5日

今日はこどもの日、通常の練習をアレンジして筒あてで景品がもらえる練習をしました。番号はランダムだったのでギャップが面白い所があった。GWは毎日バドミントンをしていたけど、子供達も休みなく好きな人たちばかりで安心して練習が出来た。

 

5月4日

初めての若葉カップの出場しました。結果は残念だったけど、得るものは大きかった。試合終了後にすぐに帰ってから出来なかったことを練習して内容確認をした。

 

5月3日

フットワークの集大成、今までは縦と横の動きだけだったけど、みんな早くなってきた事を確認できたので、今回より斜めのフットワークに変えました。下半身は固まったから今度は上半身を鍛える必要がある。

 

5月2日

時間をかけて新しい練習法と動きの確認をしました。やはり公式戦をみると、上手い選手とそうでない選手の特徴や癖をみると、勉強になることが多くある。今日も、それを教訓にした練習方法で子供達は理解しながら練習が出来た。昼食も早く済ませてフリーな時間もバドミントンしたいぐらいに好きな子供達で本当にストレスがかからない。これから、次のステップへ進んで行きます。これは多くの経験がないと出来ないことだと思います。

 

5月1日

当クラブから入部から5カ月の選手をエントリーして試合をしました。これから強くなる可能性を感じられる試合運びをしていました。足りない所を修正して行きましょう。

 

4月25日

当クラブ初の公式戦でした。やはり、練習した通り今必要な所、これから必要な所がはっきりと見えてきました。粘りを出す人、戦術を会得する人、緊張する人、本番に強い人、色々あって、子供たちの個性が見れたので今後の練習の指導に役立てることがありました。また、出来る事と出来ないことを理解できたのでそこも良かったと思います。これから、残り少ないけど6年生はどんどん上達して行くと思います。

 

4月20日

本日からまん延防止が適用になり5月11日まで20時まで制限がかかってしまった。ここまで来ると2週間都市封鎖してしまった方が良いと思います。さて、4月25日にABC大会があり、当クラブとしては初の公式戦となりますが、現段階ではトレーニング中心の形なのでどれだけフットワークが対応出来るかが楽しみとなります。以前のジュニアクラブの子供達の姿も見れる事も楽しみです。対戦相手になった場合も両方を応援しなければならない複雑な気持ちですね。子供達にはないも罪はないから良ければ応援をします。

これから、戦いが始まりますが、以前とは違うデータで作り上げた実績を積み上げて行きたいと思います。

 

4月13日

2校の総会や調整会議が重なり保護者の方たちで対応して頂きました。理由は私が居ないと練習に差し支えるからと言って変わって頂きております。本当に助かるし、子供達を支えて頂いている実感を感じることが出来ております。みんなで支え合えるチーム、あとは結果を出すために頑張るしかありません。

 

4月11日

9時から15時までの練習で、途中に昼食を入れての練習となりましたが、みんな食べ終わったらすぐにバドミントンがしたい様で休憩時間が少なくなりました。私自身があまり休憩を取らずに進めるタイプなのでストレスなく子供達と練習が出来ております。本当に良い子供達ばかりで楽しく練習が出来ているのでこちらも刺激を受けながら取り組む事が出来ております。

 

4月10日

この日も午前中の練習を終えてから夜に親子試合をしました。2回目となりますが今回も多くの人に参加して頂きとても嬉しく思っております。子供達も親との時間を大切に出来るので良いことだと思っております。

バドミントンを小学生からやるお子様も多いですが、学校や親とのキャッチボールをする機会が減って来たことで教える時のスイングにも影響が出ることがあります。いまは、練習メニューにスイング練習を入れ、フォーム作りにも力を入れております。

 

4月9日

新しく使う体育館で練習を始めて行いました。使用制限がある中で工夫をしながら練習に取り組めたと思います。コーチの私が諦めてしまったら選手達も諦めてしまうので何とかして良い練習が出来る様に考えたいと思います。さて、練習の方は公式戦とクラブ練習試合が近づいていく中でトレーニング中心の練習に取り組んでいます。少しでも勝ち上がれるように練習をして行きたいと思います。

 

4月3日

新年度に入り、連盟登録も終わり、まずは若葉カップにチャレンジをしたいと思います。まだ、試合慣れはしていないし、出来上がってはいないけど、合宿で培った事を生かして残りの練習を有意義に取り組んでいきたと思います。他クラブとの練習試合も組めたのでこれから急加速で進んで行きたい。どこのチームもコロナ対策で追われると思いますが、頑張って行きましょう。さて、合宿明けからチーム雰囲気がまた変わった様に思えます。当クラブ独自のフォームでの練習は効果が出て来たお陰で予定した秒数よりも少なく設定して出来そうです。みんなどんどん上達していく姿を見ているととても楽しみが増えます。部員も増え、20人近くなってきましたが効率の良い練習がこれからも出来ると思います。昔、私の父親から出来る人が一人だけいれば良い、出来ない人がたくさんいても何も生まれないと言っていたことを思い出しながら練習をしています。当クラブも新年度からコーチ陣は少なくなりますが、チーム全体が自分の練習の意味を知り、つらい練習でも理解をしながらついてきてくれるため、ストレスなく運営が出来ています。同じ志を持つものがいるとこんなにも違うものかと思ってしまいます。審判検定にも父母から多数チャレンジをしてくれるため、チーム一丸となって協力している体制が見えてきております。夜に親子での試合をしましたが、26名の参加があり大盛況でした。土曜日の夜の枠は今後も親子でバドミントンをして行きますのでどんどん参加してください。

 

4月1日

今日から新年度が始まりますが、小学生連盟に登録をかけました。いよいよ始動しますが、大会に出れるのは1部だし、じっくりと育ててから大きな試合にはエントリーして行きます。効率の良い練習が出来ている中で練習時間も増えるのでこれからがとても楽しみになってきます。

 

3月30日

合宿から帰って来て次の日に練習がありましたが、辛い筋肉痛の状態でも参加してくれたのでどれだけバドミントン愛が強い子供達が多いと感じました。足の皮がむけた状態や足の指の皮が剝がれている状態や手や指の皮がむけてしまっている人達ばかりだが、それを感じさせないぐらいの動きで練習をしていた。フットワークの練習を見ると、合宿組は余裕でこなしている姿を見ました。成果が出たので本当に嬉しかったです。今後も子供達が強くなれる様に考えながら新たな練習方法を考えている最中です。今日で期間限定の中3のお子様が卒業しました。初めて見た時は特徴的な癖がありましたが、修正する練習を取り入れてからはどんどん上達していったし、フィーダーとしても活躍してもらいました。お別れかと思うとすごく寂しい気持ちになるけど、高校でも頑張って欲しいです。活躍できると思うからクラブで学んだことを思い出して頑張ってください。

いつでも困った時は修正するから遊びに来てください。

 

3月29日

第2回目の合宿が終わりましたが今回もアッいう間に終わってしまった。初めて運転したマイクロバスで長い道のりを運転していたが、車中もみんなで目標設定の話や色々な話が出来たのでとても楽しくスタートすることが出来ました。宿舎についてから始まりから終わりまでの時間で2時間以上休むことなく練習やイベント盛り沢山でした。今回は食事も残さないようみんなで共有して助け合ったので残すことが少なかったです。練習では下半身を徹底的に鍛えるトレーニングをやりましたが、初日はぎこちない動きでしたが、2日目から別人のように動きがシャープになって普段では動けない動きも出来る様になっていました。各々の目標を達成出来るように一丸となって練習出来たと思います。朝の6:00から夜の21:00までバドミントン漬けの練習が出来て大変だった。また、夜の余興では伝言ゲームやジェスチャーなどで盛り上がっていた。帰りもバスでも半分以上の人達が寝ている事をイメージしていたが、半分以上が寝ていないで話をしていたので本当に楽しい合宿が出来たと思います。第3回目の合宿があれば2泊3日ではなく3泊4日でも良いかもしれません。子供達の中には1週間やりたい人もいたのでとても良いチーム雰囲気だと改めて思いました。

 

3月26日

明日より当クラブの2回目の合宿が始まります。前回は1泊2日でアッという間に終わってしまったけど、今回は2泊3日なので充実した練習になりそうだ。練習メニューも基礎を中心に組んでみたので徹底的に下半身を鍛えるトレーニングとショットの練習が盛り込まれている。初めての人達も多いけど、前回経験した人達は酷い筋肉痛で大変だったと聞いておりますが今回もきついけど頑張って行きましょう。長期練習を行うと劇的な成果が得られると思うので変わった姿を見るのがとても楽しみです。海を見ながら筋トレをしたり、海を見ながら花火をしたり、一緒にご飯を食べたり、みんなでお風呂に入ったり、夜に伝言ゲームをしたり、企画盛りだくさんなので、本当に楽しみです。

 

3月23日

フットワークの練習でオリジナルので練習方法が生まれました。頭位のキープを意識しながら行うのと歩数を意識しながら行う練習を実施しています。この練習は効果覿面で良い姿勢で練習ができ、実際に近い状態で練習が出来る。人によって位置のレベルを変えることによって負荷が変わり効率の良い練習が実現しました。

いまは、インターバルトレーニングからフットワークで脚の動きと歩数を意識させる様にしております。来年度から練習時間が大幅に増えて使用する体育館によって練習内容を決めて出来る所が魅力的だと思います。

チームの活動自体は昨年の8月からですがチームとしてもまとまりが出てきているし、方向性も見えてきた。

上級生も下級生をサポートする姿を見ると、感動する光景が何度も見られます。バドミントンを親から勧められたり、しているのではなく自分の意思で練習に取り組んでいる子供達ばかりだし、罰ゲームをしても負けた人達だけでなく、全員罰ゲームをしているから意味が無いけど、本当に強くなりたい事が目で見てわかる子供達ばかりで楽しみです。緊急事態宣言も解除され、他クラブとの交流試合が組めそうなので、意欲的に取り組んで行きます。

 

3月20日

卒業シーズンですがチームとしては1週間を空けることなく練習が出来ております。また、来年度から練習場所が新たに増え、練習量が今の倍に増えるため練習場所によってトレーニング方法が変わって行くと思います。多くの人に支えられてチーム運営をしておりますが、ご協力頂けるお母様が多くとても助かっております。また、新たな練習方法のお陰で子供達の成長スピードも上がっております。部員もどんどん増えておりますが、厳しい練習を楽しくやりながら取り組めるように頑張っております。月末の合宿に向けて段取りをしておりますが、緊急事態宣言も解除されたので、良い合宿になると思います。また、目白押しの企画も予定しているので楽しく、厳しく、成長出来る様に頑張りましょう。

当クラブのお子様も2名、小学校を卒業しました。おめでとう‼

これからは第2ステージとなりますが頑張って行きましょう。

 

3月14日

低学年はヘアピン、高学年はクリアを徹底的に強くする練習をしています。最初は長い時間で体を温めてから精度を上げて、出来上がったら短い時間で失敗しない様に取り組んでみました。練習といってもただ練習していても上手くはならないので選手が練習の意味を理解することがとても大切です。今回は経験者のお父様も参加してくれたので、多くの指導者によって練習が出来てと思います。チームも自主練習をしている人としていない人でこれらか差が出てきてしまうと思います。

 

3月9日

スイング安定に向けて頭位の回復の練習を取り入れました。目線が水平を保つようにために、ちょっとした練習を入れると凄く良くなる。ただ練習しても上手くはならないし、あとは選手達が練習の意味をした時が成長する瞬間だと思います。他のクラブチームでは癖を治すことは難しいと言ってしないと思います。当クラブはどんなに時間がかかっても、その子の癖を治してもらいます。

 

3月6日

約2時間半楽しみながらトレーニングをして男子はシングルス、女子はダブルスの練習をしました。緊急事態宣言が解除されて落ち着けば試合があると思うので、そこに向けて練習をして行っています。いまは、体力トレーニングとフォーム固めを主としていて、癖のあるフォームを修正したり、素早く動けるように下半身を意識したトレーニングをしています。前回のシャトルランで結果が出ているようにこれからやれることをどんどん増やして行きましょう。

 

3月2日

久しぶりにシャトルランの測定をしました。全員が前回より記録が伸びることが出来ました。今回までインターバルトレーニングを取り入れてからは意識的に自分の限界値まで負荷をかけて上げることが可能になり、体力作りが出来ていると思います。合宿が近いので更に体力面を強化して行きましょう。

 

2月23日

9時から18時の練習となりましたが、午後は親子参加での練習となりました。お父様、お母様多くの参加有難うございました。以前のチームをやめて新しくチームを立ち上げるかどうか迷ったけど、思い切って立ち上げて良かったと感じております。午後の練習前に集合写真を20人で撮りました。今日来ていない人は5人居ましたが全員の25人で撮りたかったです。練習熱心な子供達やこれだけ長い時間練習をしても物足りなさを感じるのは子供達が強くなりたいからだと思っております。しかも、お昼は時間差でグループ分けをして食事の時間はゆっくりせずに食べたらすぐに練習をしていました。最後のリレー戦も4回もやってしまった。この時期は卒業式と重なることから体育館は殆ど使えなくなることが多いですが、当クラブは1週間以上空く事は無く運営出来ます。これも、多くの人達の支えがあっての事だと思います。はやく、コロナが集結して公式戦が出来る日を楽しみにしております。

 

2月20日

新しいトレーニングを取り入れてから効率の良い練習が出来ています。コロナの状況下の中で公式戦の試合がないため、年間の練習スケジュールを立てにくい状況下の中で今は体を作る時と思って取り組んでおります。また、他クラブとの練習や試合も時々あるので本当に感謝しております。この日は9時から13時までトレーニング主体の練習とショットの練習を行ってから、15時から17時に青葉スポーツセンターの6面を使って第2回部内戦を実施しました。結果を出せた人、出せなかった人が居ましたが、試合はあくまでも自分の今の実力を試す所であって、今まで練習してきた事を思い出しながら練習でやったことを試合でどれだけ出来たかを考えながら取り組んで欲しいです。そろそろ合宿も近くなってきたので更に上達出来る様に頑張って行きましょう。

 

2月16日

受験を終えたコーチが久しぶりに練習に参加しました。感想を聞くと「しばらくみんなと会っていなかったけど、とても上達している」と言っていました。私も、子供達の成長が凄いスピードで上達していると思います。みんな練習以外で努力している様子が見えます。人と同じ練習をしても同じレベルだし、それ以上の練習をしないと上手くはならないと思います。ただ、当クラブは基礎を徹底的の練習に特化しているから、1つ1つのショットは上手くなって行くと思います。また、その人の持っている癖を治すための練習方法も多く持っています。最近、練習に取り入れているのは短時間で効率の良いインターバルトレーニングに近いものを取り入れられるように勉強をしています。近日、完成予定です。

 

2月13日

動トレーニングを中心とした練習をしました。以外に男子が遅くて女子が速かったのが印象的でした。部員もどんどん増える中でチーム分けが現実になりそうです。

 

2021年2月11日

急遽スポーツセンターで練習をしましたが、多くの子供達が参加してくれました。下半身を鍛える効率の良いトレーニングをしましたが、動きが遅いかな。これから、どんどん強くなる練習をして行きましょう。

 

2021年2月6日

スイングの練習でも上半身の練習と下半身の練習を約1時間練習をしてからラウンドの練習をしました。ラウンドの練習は1つ1つの練習をした後に取り入れないと、形が崩れてしまうから、丁寧にスイングを固めてからフォームを作って行いました。殆どの人は小さいスイングから大きなスイングに変わってラウンドが打てるようになっていたので練習の効果はあったと思います。

 

2021年2月2日

今日も体験のお子様が来ました。やはり、このエリアはバドミントンはしたいけど出来ない人達が多く、毎月の様に体験の方が来ています。当クラブは活発な子供達を育てるをテーマにチームを作り、少数でのチーム運営を考えておりましたがバドミントン好きな子供達がこれだけ多いと少し考えるものがあります。

私は今のままで子供達を増やして競争力を付けるために増やした方が良いと思っておりますが、これ以上増えるようであれば、今のチームでは少数が良いと思う人が多いと思うので、チームをもう1つ作って、そこには部員制限をかけずに対応出来ればと考えております。来年から使える施設が増えそうなので、真剣に考えてみようかと思っております。

 

2021年1月31日

うちの子供達は本当に練習が好きでバドミントンが大好きだと思う。いつも、きつい練習をしても物足りなく時間ぎりぎりまで練習をしている。現在はコロナの影響で練習時間が短いからアッという間に終わってしまう。もっと、もっと沢山の事を伝えたいけど、時間が足りない。どんどん練習して上達して行こう。

 

2021年1月30日

今日は体験の事についてのお話をします。人それぞれ様々な事情があって来られる方もいます。当クラブでは本当にバドミントンが大好きで覚えたい人達ばかりでとてもチームの雰囲気が良いと思います。中学になっても部活にバドミントンが無かったりするので、中学になってもバドミントンをするために練習に参加をする予定だったり、また、指導者によっても選手との相性も出てくると思います。体験に来られる方の中では興味程度で参加される方がいますが、入部することは少なく、バドミントンと向き合える子供達が入部となるケースがあります。初心者であったり興味がある方はバドミントンクラブの教室などから始めることをお勧めいたします。

 

2021年1月26日

チームの子供達は向上心があって本当に気持ちが落ち着く。やらされている感が無く、自分たちの練習の意味を解っていて、特に高学年は時間を大切にしていて。余計な時間が生まれない様に取り組む姿勢が見え始めてきた。特殊な3人同時に行う練習も1セットにして終わってから試合をしようとしていたけど、みんなは練習を選んだ。2セットしたけど、物足りなかった人もいた。いまは、コロナの影響で本当に時間がなく、あっという間に時間が過ぎてしまうけど、それでも、時間を大切にしてくれるから感謝しております。

練習内容も色々と変わるけど、みんな順応してくれているのでどんどん伸びてゆく人達が多いチームになってきたので、良い雰囲気を壊さないで取り組んで行きましょう。

 

2021年1月19日

体験が4人居ました。高学年の部員は募集していないが、諸事情を考慮して参加をして頂きました。バドミントンが好きな人達を断る理由はないと思います。チームは切磋琢磨出来て、卒業生が来てくれるチームが強くなるチームの特徴といえます。今いる人達はパイオニアとして将来チーム内で語り継がれるわけですから、何事にも貪欲でチャレンジして行きましょう。そろそろ、チーム内としても目標を立てて同じ方向性に向かって歩めるように取り組む事が必要になりました。

 

2021年1月10日

3月の合宿の参加メンバーをチームのみんなに確認しているときに嬉しい出来事がありました。昨年末の合宿では1泊2日でしたが、3月予定の合宿は2泊3日となっております。当然、合宿費用も前回より高くなります。そこで、足りない分のお金を自分のお年玉を使ってまで親から参加の同意を得て参加したいと言ってくれた話を聞きました。本当にバドミントンが好きで、チームの事も大切に思ってくれた結果だったので、コーチとしてはとても嬉しかったです。自分のお金を出してまで行く合宿は意味があるし、コーチ陣も今よりも真剣にみんなと向き合って行きたいと感じました。私に出来ることを探してサポートして行きたいと強く感じました。選手から学ぶものをあるのだと感じた瞬間でした。次の合宿も絶対に成果を出そうね。

 

2021年1月5日

R・A・Cが発足して2年を迎えました。初めは部員が2~3人居れば良いと思っておりましたが、こんなに早く増えるとは思っていませんでした。今年も他クラブとの交流試合を入れながら練習をして行きたいと思います。お陰様で合宿も無事に終わり、第2回に向けて段取りをしています。1回目の合宿では課題練習を2回行いましたが、あっという間に時間が経ち、短いように感じました。2回目は2泊3日の予定なのでかなり良い練習と不得意の部分の改善が出来ると思います。大会も少しずつ入れて行きますが、まだまだ基本が出来ていないのでもっと練習しましょう。また、今年からと来年度から体育館の利用が増える予定なので、忙しくなります。今日の練習ではチームキャプテンを決めました。任期は今年の12月までですが、次期キャプテンがいなければ継続し、いれば3月まで引き継ぐ形を取りました。これで、チームとしてもきちんと機能していくと思います。

 

2020年12月29日~30日

R・A・C第1回の合宿を行いました。普段とは違ったトレーニングや個別の目標設定の練習メニューを行い子供達も大きく伸びることが出来ました。一人一人が自分の考えてきた目標を達成するためにチーム一丸となって取り組むことが出来ました。合宿では親元から離れるのが初めての子供もいましたが、コーチを頼りにしながら乗り超えることが出来ました。夜は打ち上げ花火をはじめ手持ち花火も行い、最後は定番の線香花火を皆でやることが出来ました。3月の合宿はコロナの影響で実施出来るかは難しいと思いますが、可能であれば実施を考えております。また、親の協力は考えておりませんので、コーチと選手のみで実施予定です。

 

2020年12月22日

小学校での練習では最後になりました。昨年末にとても嫌な事があり、今年の1月から心機一転でチームを作り、まさかこんなに部員が増えるとは思わなかったし、合宿や試合なども出来るとは思わなかった。

全員は集まらなかったけどチーム23名で効率の良い練習をして来たと思います。今年はあまり活動する予定ですが来年より使用する体育館も増えそうなのでどんどん練習して行きたいと思います。

 

2020年12月15日

先日の大会で久しぶりに県レベルの子供達を見て思ったことを今日の練習で取り入れてみました。指導者は選手のモチベーションを考えて行くことも大切ですが、ぎりぎりの所での練習で負荷をかけないと結果が生まれてこないと思います。当クラブは中学生、高校生が練習に参加してくれているので、小学生も同様に負けないように取り組んでくれると良いのですが、チーム全体で盛り上げられ様に取り組みましょう。

 

2020年12月12日

ラケットショップフジのオープン大会に出場して来ました。当クラブからは3人エントリーしましたが、以前とは違い上達していて、練習の成果が出ていた。結果は上位には行けませんでしたが、練習の成果を試すには良い大会だったと思います。また、懐かしい方と沢山お話が出来たし、とても収穫のある大会でした。

 

2020年12月6日

他クラブとの交流試合を実施しました。部員数もほぼ同等の10名程度で行うことが出来て子供達はとても楽しんでいました。初めての試合経験という部員もいて緊張しながら楽しめたと思います。練習では部分的な練習をして行き、その結果を試合で出来るかを見てきたましたが殆どの子供達が立派に試合をしていました。

一度、試合に出れば練習に意味もわかるし、楽しさもわかると思います。また、試合後の練習4時間も全員参加で更に子供達の動きが良くなっていたので、良かったと思います。また、近いうちに交流試合が組めれば頑張って行きましょう。

 

2020年12月1日

3面を使わないと練習出来ないぐらい部員が増えて今月に試合を控えている選手と通常の練習を分けて練習を行いました。コーチ陣も大人のコーチが4人体制で練習出来たのでとても効率の良い練習が出来たと思います。多い時は6人体制で出来るためコーチ陣には恵まれているチームだと思います。あとは選手1人1人が自覚をもって取り組めば良いチームなると思います。低学年も増えたので基礎をしっかりと学んで行きましょう。

 

2020年11月22日

ヒッティング技術を上げるためにスマッシュの練習を何度もしていますが、だいぶ慣れてきた人達が多くなってきた。今回の練習になれて来たらフォームを気にしながらショットしてみましょう。斜めの動きの練習をしている人達はターンに練習が苦手の人が多いのでしっかりと身につける様にしましょう。

 

2020年11月10日

体験の方が3名来ました。2名は遠い所から来て頂きましたが、良く来る高校生も1時間程度かけて来てくれるので本当に凄いと思います。今回の方も変化を感じで頂いたでしょうか。経験を積めば積むほど癖が生まれてしまい、受け流してしまうことが多いですが、当クラブではこの癖をどうやったら治るかを考えながら練習内容を考えて多少変化させながら取り組んでおります。まずは、選手の特長を知らないと練習量が多くても育たないと思います。練習とは選手のレベルに合った練習と融合して初めてスキルが会得できると思います。今回の練習も強いショットは意識できるが弱いショットが意外と難しく、コントロールすることが出来ないのでラケットの面を意識させながら下半身リードでショットすることを教えました。次回からはパターン練習を入れながら実戦に近い練習を考えたいと思います。

 

2020年11月3日

前回、基礎打ちまでのショットが一通り終わり、最終テストを実施して基礎打ちが予め出来る人達は次のステップへ進み、基礎打ちが出来ない子供達は再度、基礎から学ぶことになりました。

基礎打ちが出来ないから駄目ではなく、あくまでも足の位置やスイングフォームなども考慮しながら徹底的にバドミントンの経験者と分かる様に育てることが必要です。経験者であっても左右軸、バランス軸、上下軸を意識しながら体幹がずれることなくショットをすることを目的としています。

ある程度、体幹が出来上がり、フットワークが早くなった時にパターン練習などを入れて技術の向上を図っていく予定です。今いる選手でも修正する所がいっぱいあるので1つずつ修正して行きます。

また、今年はコロナの影響もあるので練習は少なめですが、来年からは練習を増やして他クラブとの交流大会を実施して行きたいと思います。

 

2020年10月13日

基礎打ち完成まで2つとなりましたが、今回もロビングの練習を行いました。前回同様にヒッティング技術というよりグリップの握り方に問題があるため修正をして行きました。高校生が居なかったので小学生中心の練習となりましたが、コーチ2人でノックをして頂いたので、私は細かく指導することに専念することが出来ました。最後に試合をしましたがみんなルールを理解してきたので進行が早くなって来ました。チーム人数も増えてきたのでこれからが楽しみです。基礎打ちを完成させたらパターン練習をして行きたいと思います。

 

2020年10月11日

旭スポーツセンターでバドミントンをしました。今回は試合を覚えて頂くためにコーチと親も含めて試合をしてみました。驚いたのはルールを理解出来ている人が多かったことです。また、低学年は試合に負けると悔しそうだったので、これからがとても楽しみです。

 

2020年10月6日

いよいよ基礎打ち完成まであと2つですが、守りで一番大切なロビングの練習をしました。ロビングが飛ばない原因の1つにグリップの握り方に問題があると言われております。指導者によってグリップの握り方は様々で親指と人差し指を中心にと言う人もいるし、小指から中指を中心にと言う人の2つのパターンがあります。

グリップは自分自身の力を道具を使って伝えなければいけない為、適切な握り方が必要です。当クラブでは各スポーツに共通する握り方を教えております。バドミントンではリストスタンドを意識して前腕の回旋運動を使いながら取り組む事が重要なのでジュニア期から取り組んで行くようにしております。選手の中には今までのバドミントンでは上手くできたけど練習になると出来ない人がいますが、これはシャトルを当てることと飛ばすことは全く違うと言うことだと思います。そこに、一人一人の癖が加わるともっと大変になりますが多少フォームは変わっていてもインパクトがきちんと出来ていれば自分の思っている方向に飛ばせるし、バドミントンとして成り立つと思います。リストスタンドの回旋練習をしましたがみんなはつらいと言っていたので、実際には使っていない筋肉だと感じました。これからも細かいことを意識して取り組みたいと思います。

あと、練習で嬉しい事がありました。それは、手投げノックの時に自分が待っている時にノックをしている選手にアドバイスを出していたら、一緒に後ろでそれを見ながら素振りをしていたことです。通常、子供は飽きてくると他の選手と会話をしたり他のコートを見たりしてしまいます。これは、折角の練習なのに時間がもったいなく効率の悪い練習になりますが、一人にアドバイスを出してそれを他の人達が聞いて取り入れてくれると全体的にレベルが上がります。また、10月から以前居たクラブから移籍をして頂いた子供達も参加をしてくれたのでチーム数増えました。1年生から6年生まで揃っているので部内戦や交流練習試合を多くして少しでも選手が多くの人とバドミントンをして経験を積ませることが重要だと思います。

 

2020年10月3日

他クラブとの練習試合をして来ました。約6時間と長丁場ではありましたが、一人当たり9~10試合出来ました。この練習では学年別やレベル別などで子供達に合わせてくれるため、子供達のレベルを感じながら試合慣れが出来るし、ゆっくりと成長出来ると思います。私はレベルが合わない子供達の大会でコーチ席に座るのが申し訳ない気持ちでいっぱいだったので本来であれば試合の経験を自分のレベルに合った人達で自信をつけってから全国大会に出れる試合に取り組んで頂きたい。当クラブではその子のレベルに合わせて大会をエントリーして行くつもりでいるので、無理なく成長出来ると思います。練習後は打ち上げをしておいしいものを食べました。次に向けてこれからも練習を頑張って行きましょう。

 

2020年9月29日

試合で多く使うクリアの練習をしました。初めに、今の子供達はキャッチボールをしないことからボールをうまく投げれない子供達が多いようです。バドミントンのショットはボールを投げる時のフォームであったり腕や手の使い方が似ているのでボールを投げるのがうまい子供はバドミントンも上手くなります。そのため、練習前にキャッチボールをしてからクリアの練習を実施しました。クリアはスマッシュでのショットの感覚と似ていてインパクトの打点が違うだけでスマッシュが出来ればクリアも出来る様になる。今回も上半身だけでショットを行う練習を取り入れてスマッシュの打点とクリアの打点の違いを感じながら取り組みました。今回の練習で感じたことはクリアが飛ばない原因がグリップにあった事です。特に低学年はラケットを持つ時に人差し指を伸ばしてしまうことが多いです。その為に親指を中心に力が入るためにリストスタンドが取れず手首が伸びた状態でショットしてしまうため飛ばない子供達が多かった。1つ1つ確認をしながら基礎打ちのショットが出来る様に取り組みたいと思います。来週はロビングの練習なので残りのドライブを習得できれば基礎打ちが出来る様になり、基礎打ちが出来てルールを覚えれば試合に出れるようなるので11月か12月に部内戦を考えております。

2020年9月22日

12時から体育館が取れていたので6時間はゆっくり練習を行い18時からRACの練習を行いました。中高は6名、小学生は体験の2名を入れて6名での練習となりました。中高は体勢を低くして重心を下半身を意識する練習。小学生はドロップとヘアピンの練習を行った。部員もどんどん増えて行くので1人1人しっかりと指導をしたいと思います。

 

2020年9月20日

いつも練習参加してくれる高校生の高校に練習に行きました。初めは見学のつもりでしたが顧問の先生から練習を頼まれたので指導をすることになりました。今まで外部の人を呼んで指導を受けたことが無いと言われ少し戸惑いましたがバドミントンが好きで上手くなりたい人はどこに行っても変わりません。練習メニューは事前に決めておらず、得意な場の雰囲気を見ながら対応する事にしました。人と通りのアップが終わり足りない所を補正する事にしました。基本的動作のフットワークが出来ておらずただ動いていただけなので何の練習にもなっていなかった。一つ一つ動きの注意点を伝えながら、また、動く時間を決めて目標を定めることにすると急に動きが良くなった。次に基礎打ちを見ているとヘアピンが出来ない人が多かったのでヘアピンの練習をしました。いかに高い位置でショット出来るかを意識させるのと、正しい位フォームでショットさせることを考えながら取り組んでみました。その後の試合で実戦をしていましたが一握りの人しか実戦で使える人がいなかった。これがきちんと出来れば成長して行くと思います。最後に伝えたことは試合はあくまでも自分の実力を試す所で合って練習で出来ないことは試合では絶対に出来ないことを伝えました。何人の人が理解したかはわかりませんが、少なくとも経験者が多い女子部員からの質問が多かったので女子は伸びると思いました。

2020年9月15日

チーム全体でフットワークの練習をしました。コートでは行う練習ではなく、違う方式で取り組んでみました。その後は2つに分かれて意識の分散型のヘアピンの練習とスマッシュの練習をしました。スマッシュの練習ではジャンプを入れて体の軸をブレない様に意識をさせてショットを安定させる事に取り組みました。低学年もある程度はヒッティング技術が向上したのでフォームの形を取り入れながら練習を行った。最後に行ったショットの打ち合いはシャトルを落とす回数が減ったため、きちんとラリーが出来る形が出来上がって来たと思う。これからも、基礎打ち出来る様に1つ1つショットの練習をして体幹とフォームを意識しながら取り組みたいです。

2020年9月8日

基礎のトレーニングを1時間かけて覚えてから、小学生はスマッシュとドライブの練習を行いました。中高生はヘアピンとスマッシュの練習を行いました。試合に向けて頑張って行きましょう。

 

2020年9月5日

当クラブ主催の大人だけの練習大会を実施しました。これで4回目となります。今回も6面で33人の参加となりました。スケジュール的にタイトでしたが、少しでも多くの試合を組むことが出来ました。また、次回もあれば多くの人に参加して頂きたいです。

2020年9月1日

入部が終わり月も変わったので本格的に練習を開始して行く。まずは子供達の体力を確認するためにストレッチ、柔軟、体幹トレーニング、動トレーニングを一通り行い、その後、フットワークを入れながらシャトル移動で勝負をしたり、動き出しが出来ているかの確認を行った。本日はシャトルを触る練習は少しだけでしたが

少しずつ成長している所が出来た。何人か体が柔らかいのと体幹が出来ているので、成長は早いと思うしこれからがとても楽しみだ。

2020年8月25日

前回の体験の4名が正式に部員となりました。また、体験の方も1名参加して頂きました。また、全国大会を経験されたお父様も参加して頂き、内容の濃い練習が出来ました。練習に参加されている方たちはどんどん上手くなっています。6か月後にはおおよそのショットは会得してある程度は試合が出来る様になると思います。最後に全員でショットの打ち合いをしましたが、40回以上も続けることが出来ました。次回は50回を超える様に練習をして行きましょう。

 

2020年8月18日

高校生3人、中学生2人、体験4人、大人3人の12人で練習をしました。私の指導の定番のシャトル筒投げを行い、体の向き、肩、肘、手首の動かし方を会得するために遊び感覚での練習を行った。今回は全く初めてのお子様のいたけど、最初から奥から奥まで筒を投げることが出来たので運動神経とある程度の身体は出来ているようでした。中学生と高校生は別なコートで体験に来られたお父様に教えて頂きましたが、良い練習が出来たと喜んでおりました。

 

2020年8月11日

先週練習をした男子中学生と基礎打ちをしたが、練習の成果が出ているのを感じた。ドロップが高い打点で打てるようになったのと、失敗が少なくなって言っていた。本人も次の日の部活の試合で使い、得点に繋がったと喜んでいた。さて、練習の方ですが、スマッシュのパターン練習を予定していたが、男子中学2年生の基礎打ちでクリアを見ていると体を使わずに手だけで打っているので全然飛んでいなかった。これを教えるためにきつい練習を選定する。イスタッチクリア1分間ノーミスで全員が1回でノーミスになるまで続けると言うものです。最初は出来ないが、何回か練習した後にコツを教えて、再度練習をして7~8回目ぐらいで全員ノーミスを達成した。少しきつい練習ではあるがある程度負荷をかけるとシンクロして楽な打ち方を体が覚えてゆくので、そのきっかけを教えてあげれば体が馴染んで達成されるようになる。クリアの練習後はネットインからのヘアピン返球とフォア、バックのクロスヘアピンの練習をしました。ある程度のコツを教えてあげるとすぐに吸収して取り柄れることが出来るので、どんどん上手くなっていくと思います。もう一人のコーチからもクリアでの練習で修正前と修正後では全然起動が変わったとの認識を共有することが出来た。

2020年8月4日

今日は都合悪い人が多く男子中学1年生との練習をした。まずは試合をして悪い所を探りながら行う。この子はジュニア時代からの付き合いだから4年ぐらいになるかな。最初は全然しゃべらなかったけど、慣れてくると少しずつしゃべる様になりました。さて、練習はセンターにショートリターンをする練習をしたのと、ドロップの打点が低いので精度が悪く良くネットに引掛けていた。これを修正する高いで点で打つ練習とクロスに打たれた時の返球の対処に仕方。試合練習ではファーストリターン時のスマッシュ後の対応の練習を実戦方式で行った。3時間みっちりできたので今後が楽しみ。